予防に力を入れている三苫の歯医者さん

歯医者さんに行く時は、歯が痛かったり、腫れてしまったり何かお口の中にトラブルは起こった時ですよね。
そして治療が終われば歯医者さんに通うことはなくなりますが、歯のためには定期的に歯医者さんで診てもらった方がいいんですよ。
日本の歯科治療は優秀ですが、歯の寿命は短い国なのです。
だから高齢になると歯を失う人が多く、80歳以上になると総入れ歯の人は増えてきます。
歯の寿命を延ばすためには若い時からきちんと予防することが大切で、歯医者さんで定期検診を行うことで初期の段階で虫歯や歯周病を発見でき、早期治療を行うことができます。
予防に力を入れている三苫の歯医者さんと言ったら、ふじの歯科・小児歯科医院で子供から大人まですべての方を対象に定期検診を行っています。
検診の内容は日々のブラッシングの成果、虫歯や歯周病の有無や進行度、噛み合わせや「顎の関節状態、粘膜や舌の状態をチェックします。
またプラークの除去など歯のお掃除を行い、虫歯や口臭、歯周病の予防につなげ、フッ素
を塗って虫歯に強い歯を作ります。
シーラントも行っており、歯科医師と歯科衛生士が連携して、歯の健康を守ってくれます。